FC2ブログ

第173話:行ってはいけないと思いつつ

先日受けたSMハッテン場での、縄師による
有料SM個人調教のおかげてケツが疼きっぱなし。

行ってはいけないと思いつつも、今回は「視姦」する方に
なろうと思って、通常のハッテン料金で入場する。
入場したのは夕方6時ごろだったが、既にブランコに一人、
目隠しされ手錠で拘束され股を開いていた。ケツマンは
ローションでベタベタ。種壺野郎の様だ。

ブランコに縛り付けられて痛ぶられる快楽。あの感覚は
癖になる。この種壺野郎を見て先日の自分を思い出した。

ブランコ部屋の隅に立って視姦していると、一人入ってきた。
既に開ききっている種壺野郎のケツマンにそいつのマラが
突き刺さる。ブランコの鎖が音を立ててしなる。
相手はより深くマラを打ち込んでくる。もっと深く
入れたいらしくてブランコからケツを突き出させる様に
引っ張り出した。

branco1612.jpg

鎖の音に誘われたのかギャラリーがもう三人増えた。
その内の一人は自分の横に立ってチクビやチンポを愛撫してきた。
先日の痴態を思い出し感じまくっていた自分も、手探りで
そいつの体をチェック、お互いにシコリ合う。

そんな時、種壺野郎のケツマンコを掘っていた男が
一段と大きく腰を振る。
「ううっ」っと短く唸ると、中出しした。
種壺野郎からザーメンがダラダラ流れ出てくる。

「極上マンコだぜ、生で廻してやれや」と言い残して出て行く。
そう、ブランコ部屋はいつの間にか多くの人がいた。
「何発仕込まれたんだ?」
「すっげートロマン」
とかいいながら次々と違う男に回される種壺野郎。
「あっ、あっ、あっ、」と喘ぎっぱなしで、
トコロテンしまくっているらしい。

branco1612_2.jpg

あの時(先日)調教時間過ぎてもブランコに
拘束されていたら、自分がこうなっていたかもしれない。
そう思った瞬間、勢いよく射精した。

ヤバイっすね〜。
いつか自らブランコに乗ってしまいそうで怖い。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Satoki1126

Author:Satoki1126
SATOKI
180cm・80kg、
40代後半、P=15cm、
六尺褌が似合う(?)
ちょいデブ中年男

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
訪問者数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
4771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
468位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
ランキングに参加してみました。

FC2Blog Ranking