FC2ブログ

第151話:ドイツのケルンで(3)

スラブ系外人4人の乱交部屋に入り込み
ついにその一人にペニスを咥えられると、
もう理性とか吹っ飛んでしまう。

自分の口から喘ぎ声が漏れたのが合図となり
4人にペニスや乳首、そしてアナルを触られる。
もう理性のない性獣になってしまった自分は
一番若そうなAC君のペニスを自分から咥えに
行ってしまった。

2855.jpg

四つん這いになり両手でAD君とAE君のペニスを
握りしめしごき始める自分。

すると(彼らの中では一番年上そうな)AF君が
自分のアナルを舐めてきて舌をアナルに入れてきた。
「あっ!そんな!」
と思わす声を上げてしまう。

アナルを舐められたのは初めてだった。
アナルに舌を入れるなんて、性病じゃなくても
色んな病気が心配だから、自分は絶対に舐めない。
容赦なく舌が肛門を広げていくし、AF君の唾が沢山
かかってくる。 

両手のペニスの躍動と、イマラチオ並みに
深く出し入れされるペニスで頭が真っ白に。
気がつくとAF君が自分のアナルに入ってこようと
していたので、慌てて相手がゴムをしているか
確認する。いつの間につけたのか、ゴムは
ちゃんと装着されていたので、押さえていた
手をどかして迎え入れた。

ACAF.jpg

「ううっ!」
長いが太さがないので以外とすんなり入った。
それに硬さがないので、巨根の日本人を相手する
方がきついかもしれない。

ガン掘りされながらも、両手と口で残り3人を
刺激し続ける。初めての5P、しかも外人とで
かなりブッ飛んで腰を振っていた。

突然、猛獣の様な声を発したかと思うと、フェラ
していたAC君が自分の背中にまたがり、ザーメンを
ブッカケてきた。すると右手でしごいていたAD君も
咆哮を上げながら、自分の背中にブッカケ。
ちょっと間を置いて左手のAE君からも背中にブッカケ
られた。

3人分のザーメンを塗りたくりながら、ガン掘り
していたAF君の動きが早まり、最後は彼もゴムを
取って背中にブッカケてきた。どうやら奴らは
ブッカケして相手の体にザーメンを擦り込むのが
好きなようだ。言葉が通じなかったので奴らが
何を言っているのか定かでないが、自分のケツマン
を褒めていて相手に次行けと言っている様な気がした。

しかし自分はもうクタクタだった。輪姦は無理。
次戦を挑まれる前にそそくさと立ち上がりシャワールーム
へと逃げていった。

bukkake.jpg

シャワールームでは背中に塗り込められた4人の
ザーメンの匂いが漂い、再び勃起してきたが、
このままここにいたら、変態野郎に改造されて
しまいそうなので、ホテルに戻って寝た。

(続く)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Satoki1126

Author:Satoki1126
SATOKI
180cm・80kg、
40代後半、P=15cm、
六尺褌が似合う(?)
ちょいデブ中年男

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
訪問者数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
4458位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
432位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
ランキングに参加してみました。

FC2Blog Ranking